News

2020.7.3お知らせ・イベント

【メディア掲載】読売新聞に本学学生の就職活動とキャリアセンターの取り組みが取り上げられました

6月29日(月)の読売新聞(大阪版:夕刊6面)に、本学学生の就職活動とキャリアセンターの取り組みが取り上げられました。

「[編集委員の視点]コロナ禍 就活一変 新卒一括採用 リスク顕在化」という記事では、新型コロナウイルスの感染拡大で採用選考の遅れや縮小、中断が起こっていることを受け、大学生の就職活動が難航していることを報じています。

記事内では、本学キャリアセンターを訪れた経営学部4年次生の相談を例に、コロナ禍であっても、自己分析を行い、前向きに就職活動を続ける本学学生の姿が取り上げられています。

<記事一部抜粋>
「企業へのエントリー数を増やそう」。大阪府和泉市の桃山学院大キャリアセンターで、経営学部4年生(22)が19日、職員から助言された。10社以上の選考を受け、内定の結果を待っている。ホテル業界に興味があったが、3月から採用活動がストップ。「営業が向いていると思っていたが、事務職もマネジメント力を生かせそう」。範囲を広げて就活を続ける。

【参考】
「※7月3日更新/新型コロナウイルス感染症拡大等に伴う本学の対応が新聞等各紙に取り上げられています」
https://www.andrew.ac.jp/newstopics3/2020/hl026a000000i4sw.html

ニュース一覧

過去のお知らせ