NEWS

お知らせ
2020.8.5
お知らせ・イベント
【メディア掲載】朝日新聞に尾鍋智子准教授(国際教養学部)のコメントが掲載されました

8月3日(月)の朝日新聞(朝刊24面)に尾鍋智子准教授(国際教養学部)のコメントが掲載されました。

「『ブラック企業』呼び方に異論 『黒=悪』、差別に使われてきた経緯」という記事では、働き手にとって問題のある会社を「ブラック企業」と呼ぶことについて、黒人(Black)などから不快に受け止める声が上がっており、差別を助長しかねないとの指摘が出ていることを取り上げています。

記事内で、尾鍋准教授は以下のようにコメントしています。
「公民権運動を経た米国などでは、当時の標語『ブラック・イズ・ビューティフル』が歯止めとなり、黒を悪く表す新たな造語はしない配慮がある。日本語も、外来語として英語を借用するからには責任がある。日本で生まれ育ったり働いたりする黒人も増える中、無神経な和製英語は見直すべきだ」

【参考URL】
朝日新聞(7月29日配信)
「『ブラック企業』に『黒人差別』の指摘 どう思いますか」
https://www.asahi.com/articles/ASN7X31M3N7QULFA03Q.html