NEWS

お知らせ
2020.8.21
お知らせ・イベント
【メディア掲載】読売新聞に本学2年次の稲葉潤也さん(社会学部社会福祉学科)の取り組みが掲載されました
8月12日(水)の読売新聞(大阪本社版:夕刊8面)に、本学2年次の稲葉潤也さん(社会学部社会福祉学科)の取り組みが掲載されました。

「先輩のつぶやき 新入生に勇気 コロナ禍の大学生活助言 桃山学院大」という記事では、稲葉さんが自宅待機で不安を抱える新入生に、ツイッターを通じてオンライン授業の受け方をアドバイスするなどの取り組みを行っていることを取り上げています。

稲葉さんは生まれつきの全盲で、中学生の頃からパソコンの文章を点字で表示する機械などを使ってツイッターを利用していました。コロナ禍が深刻化し、大学生活への不安を訴える入学予定の新入生たちのツイッターの投稿を目にし、新入生の質問と自身の回答をツイッターで投稿する取り組みを始めました。また稲葉さんは、本学が6月に開設した学生向けのM-Port授業Q&Aサイトの開発スタッフとしても参加しています。

<記事一部抜粋>
新型コロナウイルスの影響で、多くの大学でキャンパスへの立ち入り制限が続く中、大阪府和泉市の桃山学院大で新入生に話題の先輩がいる。入学以来の自宅待機で不安を抱える新入生に、ツイッターを通じてオンライン授業の受け方などをアドバイス。新入生は知らないが、この先輩は生まれつき目が見えない。「今まで支えてもらってばかりだった分、役に立てるのがうれしい」と話している。

【参考URL】
▼読売新聞Webサイト(8月12日配信)
「コロナ禍の大学生活助言 全盲の先輩が新入生に勇気~桃山学院大」
https://www.yomiuri.co.jp/local/kansai/news/20200812-OYO1T50006/
(電子版購読には会員登録が必要です)

▼桃山学院大学 M-Port授業Q&Aサイト
https://tayori.com/faq/d06e86b5d6f796a3de87e6142cab1bf5348ef3bd

▼本学Webサイト
「※8月21日更新/【メディア掲載】新型コロナウイルス感染症拡大等に伴う本学の対応が新聞等各紙に取り上げられています」
https://www.andrew.ac.jp/newstopics3/2020/hl026a000000i4sw.html