News

2022.1.14NEWお知らせ・イベントキャンパスリポート

留学生による日本語スピーチコンテストを行いました

12月22日(水)、外国語教育センターと国際センターの共催による日本語スピーチコンテストを行いました。

現在、交換留学生は来日できる状態にありませんが、本学の日本語クラスを遠隔(オンライン)で意欲的に受講しています。今回のスピーチコンテストには、留学生4名(ロシア連邦2名、ドイツ、インドネシア)が参加し、本学学生や日本語担当教員らが本学の聖ヨハネホールにて観覧しました。審査員は、Wagner外国語教育センター長、小野国際センター教員、日本語担当教員3名と観覧者が務めました。

当日は、出場者の紹介に続き、日本語担当教員や観覧する学生から各出場者に応援メッセージが送られ、和やかな雰囲気の中で始まりました。次に、出場者は自分で考えたテーマで日本語で原稿を書き、それを暗記して、2分程度でスピーチを行いました。スピーチのテーマは以下のとおりです。

・「私と心理学」
・「私の見た日本」
・「日本人とロシア人の文化の違い」
・「スポーツの大切さ」

観覧した本学の学生からは、「さまざまな価値観があるということに驚きました」、「皆さんが日本に来たときには一緒にスポーツを楽しみたいです」、「独学で勉強しているのにとても日本語が上手で聞き取りやすかったです。自分には到底できません。尊敬します!」、「各国の文化を知ることができてうれしかったです」などの感想が寄せられました。

スピーチを終えた留学生からは、「日本に行くことが私の夢です」などの感想が寄せられ、本学学生と留学生が交流する貴重な機会となりました。

会場とオンラインで観覧

「私の見た日本」をテーマにスピーチする様子

「日本人とロシア人の文化の違い」をテーマにスピーチする様子

ニュース一覧

過去のお知らせ