News

2022.1.14NEWお知らせ・イベント

【メディア掲載】伊澤映子特任教授(ビジネスデザイン学部)が分担執筆した論文が『ADB Briefs』(発行:アジア開発銀行)に掲載されました

12月27日(月)にアジア開発銀行(ADB)より発行された『ADB Briefs』(NO.205)に伊澤映子特任教授(ビジネスデザイン学部)が分担執筆した論文が掲載されました。

当該の論文は山野峰博士(アジア開発銀行 経済調査・地域協力局主席エコノミスト)らとの共同執筆によるもので、「Strengthening Predeparture Services for Labor Migrants in Tajikistan Post-COVID-19(ポストコロナ時代におけるタジキスタンの労働移民への移民前支援の強化)」をテーマに執筆されています。

<内容紹介(アジア開発銀行Webサイトより引用)>
This brief explores how Tajikistan can improve its support for migrants before they leave to work in other countries. It draws on insights from predeparture services in Bangladesh, Indonesia, the Philippines, and Sri Lanka.
この出版物は、タジキスタンの移民前支援の改善を検討しています。バングラデシュ、インドネシア、フィリピン、スリランカにおける移民前支援から得た見識を用いています。

【参考URL】
▼アジア開発銀行Webサイト
『ADB Briefs』(NO.205)   
「Strengthening Predeparture Services for Labor Migrants in Tajikistan Post-COVID-19(ポストコロナ時代におけるタジキスタンの労働移民への移民前支援の強化)」
https://www.adb.org/publications/predeparture-services-labor-migrants-tajikistan

ニュース一覧

過去のお知らせ