News

2020.5.8お知らせ・イベント

(5/8更新)桃山学院大学の支援策に関して

学生の皆様
学生のご家族、関係者の皆様

桃山学院大学の支援策に関して

今、新型コロナウイルス感染拡大が世界中の至る所で大きな被害と影響を及ぼしております。

今回の感染によりお亡くなりになられた方々に心よりお悔やみ申し上げます。 また、現在闘病されている方々の一日も早いご回復、そして皆様にとりまして一日も早く平穏な日々が戻ってくることを祈念いたします。

本学でも、学生の皆様の命と健康を守ること及び感染拡大を防止することの観点から、春学期はM-Portシステム(※1) を基本とした遠隔授業を行うこととしました。

本来ならば、このような新しい授業形態を始める際には、前もって十分なご説明をしたたうえで、学生の皆様に取り組んで頂くべきところであります。ところが、今回は日々急激に変わる状況に迅速に対応する必要があったために、ご説明しながら授業を始めるという形となりました。そのため今は不安と心配を持っている学生の皆様が少なくないことと存じますが、「しっかりと学べた」と必ず言って頂けるように遠隔授業を実施してまいります。また、この期間は、新型コロナウイルス終息後の社会でしっかりと生き抜く力を身につけていただける機会にしたいとも考えております。

このたび、環境整備や授業の工夫に加えて、下記の「修学中の皆様に一律的に支援する制度」と「個別の事情に対応できる制度」を決定しましたのでお知らせする次第です。特に「修学中の皆様に一律的に支援する制度」につきましては、急遽、遠隔授業実施となったことに伴う学修・通信環境整備への負担軽減のための支援策のひとつとなっております。

私たち教職員にとって、最も守るべきは桃山学院大学の学生の皆様です。教職員一同、全力で皆様の学びをサポートいたします。

今後ともご理解・ご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

※1 桃山学院大学のポータルシステムの名称


 

1.修学中の学生を一律的に支援

(1)緊急修学支援金を給付
学修・通信環境整備への負担軽減のため、学生に対して一律5万円の給付を行います。

(2)学費納付期日を1カ月延期
当初の学費納付時期を1か月延期しています。

 

2.修学中の学生の個別事情に合わせた支援

(1)緊急奨学金の給付
①授業料減免制度枠の拡充
10名程度の募集枠を100名枠に拡大、要件により、2020年度春学期の授業料を減免します。
②下宿費用支援制度
自宅最寄り駅から大学までの電車による通学時間(片道)が概ね3時間以上であることを理由に下宿している人、または大学が紹介したマンションに下宿している人全員を対象に、2020年度春学期期間の家賃の一部を支援します。
③教育ローン利子補給奨学金
今年度の採用者については、募集枠を拡大し、最短修業年限まで利子負担相当額を給付します。

(2)遠隔授業を受ける環境の整備
遠隔授業を受ける環境の整備につきましても、引き続き、様々な面から取り組んでまいります。

 

上記の経済支援策の詳しい内容や手続きについては、5月13日(水)午後以降にWebサイトにてお知らせいたします。(5月8日更新)


なお、遠隔授業を受ける環境の整備につきましても、引き続き、様々な面から取り組んでまいります。

今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。


 

2020年4月30日
桃山学院大学
学長 牧野 丹奈子

ニュース一覧

過去のお知らせ