News

2020.4.27お知らせ・イベントキャンパスリポート

【重要】M-Port授業で必要となるツール(Microsoft Office365の登録のお願い)について

学生の皆さまへ


学生の皆さんがM-Port授業を受ける際、本学には現在、以下の3パターンの授業形態があります。

①教材配布型(課題提示とフィードバック)
②オンデマンド型(録画・録音した授業を配信)
③同時双方向型(ライブ配信)

以上の3パターンのうち、③同時双方向型(ライブ配信)の授業の実施にあたって、本学では「Microsoft Teams」の活用を推奨しています。
つきましては、次の手順に従って、各自で必要な登録(以下、「サインアップ」という。 「サインアップ」とは、各自で登録を行いOffice365へログインできる状態にすることです。)をお願いします。Office365へのサインアップ作業をすることで、スマートフォンを使う場合でもできることが広がります。
ただし、科目によってはZoom等のツールを使用することもありますので、ご理解ください。


1.サインアップの方法
「Microsoft Teams」を使うためには、Office365へのサインアップが必要です。
以下のURLより手順を確認のうえ、必ずサインアップ作業をしてください。
https://www.andrew.ac.jp/c-center/pdf/office365/signup_forstudents.pdf

<注意>
※サインアップは、必ずマニュアルを確認しながら進めてください。
※個人でOffice365のアカウントを既に持っている場合も、大学用のアカウントを作るようにしてください。


2.Office365でできること
(1)TeamsやOneDriveを使って、授業を受けたり、課題提出などを行うことができます。
(2)自分のスマートフォンやPCで、最新のOfficeアプリ(Word、Excel、PowerPointなど)をインストールし、利用することができます。
(3)Word、Excelは、スマートフォンでもスマホアプリ版をインストールすれば利用できます。

<注意>
※TeamsやOneDriveは、Office365のサインアップをすることで使うことができます。


3.M-Port授業のための各種マニュアル
本学では、M-Port授業を受講するために必要となる、M-Port、Office365やGoogleドライブなどのサービス利用マニュアル、動画等を用意しています。
詳しくは、情報センターのホームページからご確認ください。
https://www.andrew.ac.jp/c-center/service.html

以 上

ニュース一覧

過去のお知らせ