NEWS

お知らせ
2020.6.30
お知らせ・イベント
【メディア掲載】毎日新聞に小嶌正稔教授(経営学部経営学科)のコメントが掲載されました

6月28日(日)の毎日新聞(東京本社版:朝刊1面)に、小嶌正稔教授(経営学部経営学科)のコメントが掲載されました。

「ハイオクガソリン:独自ハイオク、実態は混合 混合出荷は驚き 小嶌正稔・桃山学院大教授(石油流通産業史)の話」という記事では、石油元売り5社が各社の独自製品として販売していたハイオクガソリンが、実際はスタンドに出荷する前段階で他社製と混合されていたことが判明したと報じています。

小嶌教授は記事内で、石油の流通に詳しい専門家として以下のように述べています。

<経済産業省の総合資源エネルギー調査会で専門委員を務めた小嶌正稔・桃山学院大教授(石油流通産業史)の話>
「元売り各社はハイオクは他社との差別化商品だと言い続けてきたので、混合出荷やバーター取引をしていたことは驚きだ。誤った情報を消費者に与えることは許されない。独自の供給体制を取れないならば、独自製品であるかのように宣伝すべきではない。」

【参考URL】
毎日新聞Webサイト(6月27日配信)
「ハイオクガソリン、実は混合 「独自開発」のはずが…20年前から各地で」
https://mainichi.jp/articles/20200627/k00/00m/040/124000c

なお、この記事は以下のWebサイトにも転載されています。

▼Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/3b3ad6b4525872d01bbdf996a0ae598fd5883800