News

2020.11.20NEWお知らせ・イベント

【メディア掲載】日本経済新聞に小嶌正稔教授(経営学部経営学科)のコメントが掲載されました

11月13日(金)の日本経済新聞(朝刊22面)に小嶌正稔教授(経営学部経営学科)のコメントが掲載されました。

「ガソリン販売 量より利幅 安値圏でも19円台確保」という記事では、新型コロナウイルスの感染拡大で旅行などの移動が減ったことによってガソリンの消費量が減少傾向にあり、経営難に直面した給油所が、販売量よりも単価で稼ぐ傾向にあることを報じています。

小嶌教授は石油の流通に詳しい専門家として「コロナ禍で販売減が一段と加速した状況では安値で売っても意味がないと考える給油所が増えた」と分析した上で、「単価で稼げても給油所の経営は長続きしない」とも指摘しています。
【参考URL】
▼日経新聞Webサイト
「販売低迷続く給油所、利幅確保で生き残り探る
コロナで販売減、コインランドリー併設など多角化図る」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66099330R11C20A1QM8000
(購読には会員登録が必要です)

ニュース一覧

過去のお知らせ