News

2021.4.30お知らせ・イベントキャンパスリポート

【ビジネスデザイン学部】PBL入門Ⅰ(1年次生)において、産学連携による企業との授業が始まりました

ビジネスデザイン学部では、基幹科目であるPBL(課題解決型授業)において427日(火)より産学連携による企業との授業が開始されました。


本科目では、1年次生が1学期間(約3ヶ月)指定された課題に対する提案を企業の社員の方たちと共にグループで取り組みます。今学期は、大阪シティ信用金庫様、UCCコーヒープロフェッショナル株式会社様の2社と連携し、「大阪がコロナ禍を乗り越え、コロナ禍以前より元気になるようなビジネスアイデアの提案」という、課題に取り組みます。本授業は、15週に渡り合計30回実施され、中間発表等を経て予選を勝ち抜いた学生グループが、7月上旬の本選で企業に対して提案内容を発表します。


緊急事態宣言下での開始となった企業との授業初日は、東京都内および大阪府内に所在する企業と当学部のキャンパスである、あべのBDL学生の自宅を同時接続することで「ロケーションフリーの学習環境」により実施。参加した学生からは、「事業の中で、生産者と直接かかわる機会はあるのか」など、質疑が活発に行われました。

なお、本授業には、2年次の学生がLALearning Assistant)として参加し、事前に教員と打ち合わせた内容で授業を進行たり、ファシリテートをしたりするなど、下級生の学びを担当教員と連動してサポートしています。


【ビジネスデザイン学部での学び】

https://www.andrew.ac.jp/businessdesign/learning/

ニュース一覧

過去のお知らせ