News

2021.5.17お知らせ・イベントキャンパスリポート

“English Discussion about COVID-19 situation in Osaka” 英語ディスカッションセミナー(第1回テーマ:新型コロナウイルス感染症について)を開催しました

外国語教育センターでは、4月28日(水)に英語課外プログラム “English Discussion Seminar” を開催し、新型コロナウイルス感染症の大阪の現在の状況について英語で話し合いました。感染症拡大によって自分自身はどのような影響を受けたのか、政府や自治体は拡大を防ぐための対策ができたのか、今後はどのようなことが想定されるかなどについて意見交換をしました。

参加した学生からは次のような感想がありました。

・英語で話す機会を増やしたいと思い参加しました。日常的なトピックだけでなく、幅広い分野の話ができるので、いろんな話題についていけるように、またより深く議論できるように自分の語彙力をもっと高めていきたいと思います。(経済学部2年次)

・世界の問題を自分で考え、他の人の意見を聞くこともできます。ディスカッションしやすい良いテーマだったので、みんな積極的に発言していました。これからもニュースをよくチェックして、それを英語で話せるようにしていきたいです。(国際教養学部2年次)

・これからの社会は、英語で何かをする力が重要だと考えています。このプログラムは学んだ英語を実際にアウトプットする場としてとても有効だと思います。これからも英語で書かれたニュース記事等を積極的に読んで、ビジネス英語やアカデミックな英語を学んでいきます。(国際教養学部1年次留学生)

このセミナーは春学期中に全12回行われ、今後も様々なトピックでディスカッションを行う予定です。英語ディスカッションに挑戦したい人は、M-Portで詳細をご確認のうえ、ぜひご参加ください。

ニュース一覧

過去のお知らせ