News

2021.10.20お知らせ・イベント

ビジネスデザイン学部が入る聖テモテ館が、2021年度グッドデザイン賞を受賞! —学校法人桃山学院 聖テモテ館—

学校法人桃山学院(理事長:出田善蔵)は、2020年8月に竣工した聖テモテ館(大阪市阿倍野区昭和町)において、2021年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。同館4~9階は、ビジネスデザイン学部キャンパス(あべのBDL)となっています。
グッドデザイン賞は(公財)日本デザイン振興会が主催し、私たちの暮らしと産業、そして社会全体を豊かにする「よいデザイン」を顕彰しています 。

桃山学院大学ビジネスデザイン学部キャンパス

【概要】
中高校舎敷地内に併設した桃山学院大学ビジネスデザイン学部、中高食堂、礼拝堂を内包する都市型積層キャンパスである。
スパイラル状の立体的な吹抜けにより多方向の繋がりを生み出し、学生‧教職員‧企業人との交流と共創の場を実現した。
歴史を継承した礼拝堂に加え、大学と中高が連携した教育を行うことで、地域‧社会と繋がる新しい学びの場の創出を目指した。

【審査員の評価】
戦後以降、日本が目指してきた「平等な教育の量的普及」という目標は、近年、国際化やIT技術の進化など社会状況の変化から、創造性豊かな個性を持った多様な人材育成を目指す「創造性教育の普及」へと変わりつつあります。学校建築は、戦後以降長期間に渡り「平等な教育の量的普及」に貢献するため、その有り様によって人の行動を強く規定してきましたが、近年は、学びのスタイルに合わせて選べる多様性のあるやわらかい建築が求められるようになりました。中高、大学、そして企業が一体となって新しいビジネスを創造するための多様性のある環境が、小さな吹き抜けが連続する縦動線を軸に次々と展開される風景は、これからの新しい教育施設のあり方の好例を提示しています。

受賞対象名:桃山学院 聖テモテ館
事業主体名:学校法人桃山学院
分類:公共用の建築・施設
受賞企業:学校法人桃山学院 (大阪府)
受賞番号:21G141253
所在地:大阪府大阪市阿倍野区昭和町3-1-57 聖テモテ館

■桃山学院大学ビジネスデザイン学部とは

「ここは、学びとビジネスの交差点。自分のデザインで新しい価値を。」

COVID-19の感染拡大により、世界は大きく変わりました。
「不安定」「不確定」「複雑性」「曖昧性」の時代、いわゆる「VUCA」の時代にあります。
将来の多様な困難に立ち向かうためには、多くの人のつながりが不可欠ですが、一人ひとりには「新しい価値を生み出す力」が求められます。

このような状況を見据え、本学は、開学60周年にあたる2019年4月にビジネスデザイン学科を設置、2021年4月に、入学定員も70名から200名に拡大し、「学部」として新たにスタートしました。

同学部では、VUCAの時代に、「チームで新しい価値を創造する」力を有し、社会の課題を解決していく人の養成を目指します。
ビジネスデザイン学部の拠点は、2020年8月に竣工した聖テモテ館であり、同館4階~9階に位置する「あべのBDL」に、同学部の学生たちが学ぶレクチャー&ワークショップルーム、ラーニングコモンズ、およびカフェなどが配置されています。

あべのBDLは、新しい価値を生むイノベーションの発信地として発展するように設計されており、新しい発想が生まれるよう、学生自身が目的や状況に応じて、場所を選び、いつでも好きなように作り変えることができる空間です。

ビジネスデザイン学部は、現在、70を超える企業・団体と産学連携、学生と社員、教員が共に課題発見・解決に取り組む実践型授業を中心に学びを展開しています。

■聖テモテ館(あべのBDL) イメージ動画

■桃山学院大学ビジネスデザイン学部 イメージ動画

■グッドデザイン賞とは

1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を継承する、日本を代表するデザインの評価とプロモ—ションの活動です。国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施されています。
受賞のシンボルである「Gマーク」は優れたデザインの象徴として広く親しまれています。

ニュース一覧

過去のお知らせ