国際教養学部 英語・国際文化学科3つの方針

どんな学生を受け入れ、どんな教育を行い、
どんな人材を送り出すかという方針を示します。

国際教養学部の教育目標および人材養成の目的は、「実践的英語力の涵養につとめ、世界諸地域の文化と日本文化およびメディア文化について研究、教授し、幅広い教養をもって国際社会に活躍し得る人材」を育成することです。
国際教養学部は、この目標を達成し、この目的を実現するために、3つの方針を定めています。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

国際教養学部は、キリスト教精神に基づき「世界の市民」として通時的かつ共時的な視点から人間文化や社会活動を捉え直し、現代の問題に向き合えるような能力と教養を備えた人物を育てることを目標としています。そのためには、卒業に必要な124単位を取得するなかで、以下のような目標を達成した者に学士(国際教養学)の学位を授与します。

  1. 英語やその他の言語に関する知識を持ち、さまざまな国・地域について文化、歴史、社会等から多面的に理解できる。(知識・理解)
  2. 氾濫する情報に惑わされることなく、主体的に物事を考えることができる。(思考・判断)
  3. 日本を含む世界の文化、社会、現代情勢などに関心を持ち、異文化を受け入れることができる。(関心・意欲、態度)
  4. 英語やその他の言語について一定の運用能力を身に付けている。(技能・表現)
  5. 現代的諸問題について自らの意見を形成し、発信できる。(技能・表現)

*上記の目標以外に、各コースにおいては次のような目標を定めます。

カリキュラム・ポリシー (教育課程編成・実施の方針)

[教育の方針]

国際教養学部は、教育目標を達成するために、「①実践的英語力の涵養」、「②多文化共生をめざす国際理解の促進」、「③発信型の異文化コミュニケーション能力の育成」、「④現代の諸問題への対応」という4つの教育の柱を掲げています。

①実践的英語力の涵養
海外や国内の様々な仕事の場で、国際語としての英語を使って情報を収集・分析し、議論し、交渉できる能力を養う。
②多文化共生をめざす国際理解の促進
明治以来の近代日本がモデルとしてきた西洋の規範的教養の受容だけでなく、世界中の多様な文化の理解を前提とした、新たな教養教育を目指す。そのために、欧米に偏重することなく、アジアに関する地域研究も積極的に教授するとともに、英語だけでなく多様な外国語の授業(初修外国語)を充実させる。
③発信型の異文化コミュニケーション能力
様々な文化的背景をもった人に対して、幅広い教養に基づいて、相互に交流することのできるコミュニケーション能力を伸ばす。
④現代の諸問題への対応
グローバル化した現在の世界においては、環境問題や国際平和などのように、あらゆる人間の営為が人類的・地球的規模の問題と直結している。単なる机上の知識ではなく、国際的な教養を現代的問題の解決のために生かし、何をすべきかを論理的かつ実践的に考える力を養う。

上記の4つの柱は、それぞれ相互に結びついて初めて意味を持つものであり、国際社会で幅広く活躍できる「世界の市民」を育成するためには不可欠なものです。

[カリキュラムの柱]

国際教養学部の教育方針に従って、以下のようなカリキュラムを編成しています。

アドミッション・ポリシー (入学者受入れの方針)

国際教養学部英語・国際文化学科の教育目標は、グローバル化が進展する21世紀の世界において、幅広い教養をもち、氾濫する情報に流されることなく主体性をもって行動する「世界の市民」を養成することです。 この教育目標と各コースの教育内容をよく理解した上で、国際教養学部で学ぼうとする明確な意欲を持っていることが、入学者受入れの基本的な条件となります。具体的には次のような人が入学することを求めています。

  1. 日本も含め世界諸地域の文化、歴史、社会などに関心を持ち、積極的に学んでいこうとする人
  2. 高い語学力と異文化コミュニケーション能力を身につけて、国内のみならず世界で活躍することを希望する人

そのために必要な基礎学力と学習態度・習慣を高等学校までの段階でしっかりと身につけていることも必要となります。

ほかの学科も
チェック!

  • 国際教養学部 英語・国際文化学科
  • 社会学部 社会学科
  • 社会学部 社会福祉学科
  • 法学部 法律学科
  • 経済学部 経済学科
  • 経営学部 経営学科
  • 経営学部 ビジネスデザイン学科