経済学部 経済学科就職実績

本学科の卒業生がどんな就職を
実現しているのかをご紹介します。

2019年3月卒業生 就職実績

業種別就職状況

業種別就業状況

卒業生の声

新日本有限責任監査法人 公認会計士 岡本 いずみ さん

国際的な公認会計士として
世界をつなぐ。

新日本有限責任監査法人 公認会計士 岡本 いずみ さん ●経済学部 経済学科 2010年3月卒業

私が桃大に魅力を感じたのは、留学プログラムが充実しているから。入学後、2年次にオーストラリアへの半年留学が決まりました。しかし、その頃に先輩たちが就職氷河期で苦労している姿を見たことで、「経済状況に左右されない公認会計士を目指そう」という思いが湧き上がり、勉強のために留学をキャンセルすることも考えました。そんな私にアドバイスしてくださったのが、会計学や監査論を専門にされていた経営学部の朴教授。「これからの会計士は海外を知らねばならない」と、海外留学を強く薦めてくださいました。その言葉が後押しとなり、オーストラリアへ留学。新しい文化に大きな刺激を受けるなど、とても貴重な経験ができました。

帰国後は公認会計士の勉強に打ち込み、4年次の夏に試験を受けて合格。その後、世界中にネットワークを持つ監査法人に就職しました。大阪での勤務を経て、2年弱のアメリカ勤務も経験。アメリカの公認会計士資格も取得しました。

現在は活動の場を東京に移し、上場企業や外資系企業の監査を担当するマネージャーとして、監査チームの管理やグローバル企業の監査、クライアントとのコミュニケーションを担当しています。世界中をボーダーレスにつなぎ、クライアントやチームのメンバーを明るく照らす太陽のような公認会計士になりたいと思っています。

株式会社三井住友銀行 岡所 哲史 さん

自分の限界をつくらないでほしい!

株式会社三井住友銀行
梅田法人営業第二部 部長代理補 岡所 哲史 さん ●経済学部 経済学科 2008年3月卒業

桃大の経済学部で学んだ銀行論。思えば、それがバンカーとしての出発点でした。金融機関勤務の先生の授業で、金融業は様々な企業の経営者と長期的に関わり、社会を新たにつくる仕事だと知り、興味を持ちました。

私が担当する法人のお客さまが全く異なる分野の新規事業をスタートさせるお手伝いをした際には、私にとっても未知の分野であったため、ゼロから勉強する必要がありました。約半年に及ぶ仕事でしたが、諦めず挑戦し、見事にやり遂げられました。現在は主に不動産関連企業の融資を担当し、プロジェクトの立ち上げから物件が完成するまでトータルで関わっています。限界をつくらずチャレンジする姿勢を、これからも大切にしたいと思います。

主な就職先(過去3年間)

多くの学生が、それぞれの希望の進路に就職しています

ほかの学科も
チェック!

  • 国際教養学部 英語・国際文化学科
  • 社会学部 社会学科
  • 社会学部 社会福祉学科
  • 法学部 法律学科
  • 経済学部 経済学科
  • 経営学部 経営学科
  • 経営学部 ビジネスデザイン学科