法学部 法律学科就職実績

本学科の卒業生がどんな就職を
実現しているのかをご紹介します。

2020年3月卒業生 就職実績

業種別就職状況

業種別就業状況

卒業生の声

西宮市役所 産業文化局 都市ブランド発信課 主事 瓜生 桃香 さん

愛媛、大阪、オーストリアと
舞台を移し、現在は
西宮市の魅力を発信しています。

西宮市役所
産業文化局 都市ブランド発信課 主事
瓜生 桃香 さん ●法学部 法律学科 2016年3月卒業

私は西宮市役所の「都市ブランド発信課」で勤務しています。「住みたい街」として人気のこの街で、イベントの企画・運営や様々なPR活動に取り組んでいます。地元・愛媛から桃大への進学を決めたのは、幼い頃から習っていたピアノやバレエの本場・オーストリアへ留学するという夢があったから。国際交流に力を入れていて、法学部生でもオーストリアへ長期留学できる大学だったからです。もともと法律にも興味があり、学部の授業では裁判の判例や法律論などを通して、一つの問題を様々な角度から考える力を身につけました。先生方は、質問すると深く丁寧に教えてくださり、そのおかげで楽しく学ぶことができ、充実した毎日でした。

オーストリアへの長期派遣留学に際しては、事前に1ヵ月、ドイツでの語学研修に参加。この研修は長期派遣留学へのイメージ作りのためでもありましたが、現地では自分から話しかける勇気も得られたので、オーストリアでも積極的に学ぶことができました。オーストリアでは、本場のオペラやバレエの鑑賞に加え、授業や現地学生とのグループワークなどでも高成績を残すことができ、困難を乗り切る精神力や周りに働きかける積極性が身につきました。

桃大は、長期派遣留学での単位認定や法学部で学ぶ環境づくり、さらにはサークル活動への資金援助など、学生がやりたいことを応援してくれる制度が充実していました。様々なサポートを受けたおかげで、長年の夢をかなえながら、好きな勉強をし、やりたいことを何でもやった4年間でした。また、卒業時には総代に選んでいただくなど、桃大での4年間が、今の私の自信になっています。

福岡綜合法律事務所 弁護士 福岡 恵太 さん

弁護士として、
人々の悩みの先に笑顔を描く。

福岡綜合法律事務所 弁護士 福岡 恵太 さん ●法学部 法律学科 2008年3月卒業

入学当初は公務員を目指していましたが、法律を学ぶうちに司法試験への興味が高まりました。最初は単なる好奇心でしたが、本気で弁護士を目指すようになったのは、大学の「法職インターンシップ」というプログラムがきっかけ。法律事務所で業務を体験させてもらう中で、弁護士という仕事の多様性や、依頼者の人生の深い部分までかかわって問題を解決する姿を見て、この仕事をしたいと思いました。

司法試験に向けて勉強する中で特に役立ったのは、ティーチング・アシスタントの方が講義をしてくださった「法学検定試験対策講座」です。憲法・民法・刑法にまたがる基本的な法的知識や勉強方法を学ぶことができました。

私は現在、弁護士として独立し法律事務所を経営しています。法律相談や訴訟代理人、刑事弁護人、破産申立人、後見人など、仕事内容は多岐にわたります。弁護士として大切にしていることは、「いつも笑顔で、話しやすく、わかりやすく」。悩みを抱えた人が気軽に相談できるように敷居を低くし、難しいことも分かりやすく説明するよう心がけています。大きなやりがいは、依頼者の方に法律的な解決への道筋を示せたとき。紛争に直面して不安や悩みを抱えた依頼者の方が、ほっと安心する表情を見せてくださいます。これからも、たくさんの人と出会い、様々な人生に触れ、ともに悩み、紛争を解決していきたいと思います。

主な就職先(過去3年間)

多くの学生が、それぞれの希望の進路に就職しています

ほかの学科も
チェック!

  • 経営学部 ビジネスデザイン学科
  • 経営学部 経営学科
  • 国際教養学部 英語・国際文化学科
  • 社会学部 社会学科
  • 社会学部 社会福祉学科
  • 法学部 法律学科
  • 経済学部 経済学科